占いのカードと言うと、「タロットカード」が有名です。

タロットカードには、古い歴史のもと、決まった絵が描かれていて、カードの意味も決まっています。

絵柄が変わっても使い方は同じです。

 

「オラクルカード」というのはカードを引くことで、今自分が必要としているメッセージを

「ご神託(オラクル)」として受け取るために作られたカードです。

ですからオラクルカードごとにイラストもメッセージも違います。

 

分かりやすくいうと“おみくじ”的な要素もあるかもしれません。

タロットカードと比べますと、カードとしての歴史は比較的浅いようですが、

「ご神託(オラクル)を受け取る行為」そのものは古代ギリシャ時代から存在しています。

 

オラクルカードは天使や神様、などのメッセージを受け取るためのカードなのです。